ニュース

天使の微笑み

2018/06/28

近所にあるポッポ竹園保育園の2歳児たちが遊びに来てくれました!

2階のエントランスで、管理者がお出迎え。

玄関の自動ドアが開いた、その瞬間、一人の子が突然泣き出し、それにつられて二人目、三人目の子供達が泣き出しました。

かつて4人の男の子を育て、子育てには自信のあった?はずの管理者もこれにはタジタジ

(・_・;)

やはり子供を育てたのは奥さんで、ダンナはそこに居ただけということを証明する結果に…。

そんなことはともかく、子供たちに大泣きされて、どうしていいのか手も足も口も止まった管理者を横目に、

さすが保育園の先生。さっと一人の子を抱き上げ、もう一人の子の手をしかっとつなぐと、子供たちの泣き声は一瞬で泣き止みました。

さすが!

DSCN3793

 

 

 

 

 

 

 

それでも園児たち、おそるおそる玄関に入り、その場で立ち止まりました。普段と違う雰囲気に何となく緊張で顔が引きつっている様子。

ですよねぇ。いくら綺麗なエントランスだって、保育園と老人ホームでは全然違います。

子供たちは、いつもと違う気配を敏感に察したのかもしれません。

これまた引きつった笑顔で迎える管理者と、今にも泣きだしそうな子供たち。両者の目線が一瞬あいました。ピーンと張りつめた空気が流れます。

これ以上、子供たちに近づいていいのか悪いのか、戸惑いながらも、すぐ横のグループホームへ案内する管理者。

そこには、おじいちゃん、おばあちゃん達が子供たちを待っていました。

 

子供たちも、恐る恐るグループホームの中へ。

子供の力は偉大です。

そこに居るだけで、みんなを元気にするオーラが出ています。

おじいちゃん、おばあちゃん達は、一瞬で最高の笑顔に。( ^)o(^ )

子供たちが微笑むと、おじいちゃん、おばあちゃん達は、お目目キラキラ。

手と手が触れあうだけで、皆さん、もう溶けてしまいそう。

 

ポッポ竹園の皆さん、天使の微笑みをありがとう!

 

いつでも来てくださいね。じぃじぃも、ばぁばぁも、管理者も待ってまーす。( ^)o(^ )

  • 新卒採用に応募する
  • 中途採用に応募する